こだいらぽんたの「基礎学力」勉強日記(倉庫)

過去にアップした記事をここにまとめています。

世界史

「『自我を圧殺し、自己を忘却せよ』という教えは仏教にはない」 読書ノート 増谷文雄・梅原猛著「知恵と慈悲<ブッダ>ー仏教の思想-1」+125日目~126日目(世界史)

増谷文雄・梅原猛著「知恵と慈悲<ブッダ>ー仏教の思想1」(角川ソフィア文庫) どんな宗教も自分の不安や苦しみに向き合ってくれなければ意味がない。自分が生きていくうえで、不安なことや苦しいことを「わかってくれる」教えでなければこれっぽっちも心…

「自分の居場所はひとつだけじゃない」 麻布中学校(2016年国語)+114日目~117日目(世界史)

小学生だって人間関係に悩んでいる。「親友」からの誘いを断ったら、その子は別の子を「親友」にして付き合い始めるかもしれないといった不安。浮いている存在だと思われたくないと、他人の目ばかり気にしている息苦しさ。教室に居場所がないと感じるとき、…

「もう一教科追加予定。それは『中学入試・高校入試の国語』」+111日目~112日目(世界史、数学A)

久々の勉強日記だ。このところ読書にかまけていたが、高校程度の「基礎学力」をつけなくては本も正しく読めないのだろうから、勉強(あくまで高校程度)の方も頑張ろう。ところで、この「基礎学力」勉強日記だが、現代文の科目も増やそうと思っている。自分…

「阿房列車」に思う。数学と国語は似ている。+97日目~99日目(世界史、数学A)

内田百閒「阿房列車」にこんな話がある。ある旅館に三人が泊まった。宿泊代は一人10円。三人で30円払った。旅館はサービスで5円まけてくれた。ところが女中さんがそこから2円ネコババして、3円を三人に返した。三人は1円ずつ分けたから、ひとりが支…

年を取るにしたがって、できることが増えてきた。+93日目~94日目(世界史、数学A)

新年早々、スポーツジムに行ってきた。いつものレッスンに出て、いつもの仲間と気軽におしゃべりしてきた。わざわざこんなことを書いたのは、元来私はものすごい人見知りで「気軽に人と話をする」ということができなかったからだ。前に行っていたスポーツジ…

本にたくさん書き込みをしないと内容についていけない!+85日目~86日目(世界史、数学A)

来年は「有名だけど意外と読まれていないシリーズ」を、もっとたくさん読もうと思っている。次はラブレー著「ガルガンチュアとパンタグリュエル」に目をつけた。大作だがなんとか読めるだろう。ちくま文庫で読みやすい訳が出ているというので、日本橋の丸善…

古文は現代語訳でまとめて読むと面白い。+63日目~64日目(世界史、数学)

高校時代、落ちこぼれの私にとって、古文の勉強は特に苦痛だった。まず、文法の勉強で心が折れた。教科書に載っている文章を品詞分解して(どこで「品詞」が切れるのかさっぱりわからない)「未然形」だの「連用形」だの、わけもわからず書きこむ。助動詞の…

55日目~57日目(世界史、数学)+フットボールを愛する世界中の人々が「シャペコエンセ」を応援している。

ブラジルのプロサッカーチーム、「シャペコエンセ」の選手やスタッフが搭乗していた飛行機の墜落事故に心を痛めている。自分の応援するチームの選手やスタッフが、飛行機事故で一瞬で消滅してしまう・・・想像しただけで胸が引き裂かれそうだ。サッカーのサ…

51日目~52日目(世界史、数学)

最近、シャワートイレが壊れてしまい、メーカーに修理を依頼した。後日、修理担当の人から電話があった。「申し訳ございません。便座が大変ご迷惑をおかけしております!明日、××時にお伺いいたしますので・・・」と大真面目に言っていた。笑いをこらえるの…

38日目~39日目(世界史、数学)+清水エスパルスvsファジアーノ岡山 2-1で清水が辛勝。

「家も車も変えられる。妻でさえも変えられる。しかし、好きなサッカークラブだけは変えられない」イングランドのサポーターの有名なことばだが、フットボールが好きな私には、このことばが皮膚感覚でわかる。これはJ1だろうがJ2だろうがもっと下のカテゴリ…

34日目~35日目(世界史、数学)+「世界は誰かの仕事でできている」

2年前だっただろうか、「ジョージア」の「世界は誰かの仕事でできている」という、山田孝之出演のコマーシャルが大好きだった。子どもが父親に「ねえ、パパ。この世界は誰がつくってんの?」と聞く。「誰って・・・」としどろもどろする父親。すると、工事…

31日目(世界史、数学)+ラグビー日本代表テストマッチ

銀座線が線路切替工事に伴って、一部の区間が終日運休。外苑前の秩父宮ラグビー場到着にはいつもより時間がかかった。日差しが温かく(むしろ暑い)防寒対策をして失敗した。隣の神宮球場では、六大学選抜チームとヤクルトスワローズが親善試合を行っていた…

28~29日(世界史、数学)+FC東京の応援が面白い!

今日はJ1リーグ戦最終節だ。残念ながら浮世の義理で見に行くことができない。先週のホーム最終戦にも行けなかった。モヤモヤしているが仕方がない。FC東京よ、せめて勝ってくれ。勝って終われ。FC東京の試合は1999年のJ2発足時からずっと見続けている。…

24日目(数学)+「ダヴィンチ・コード」と世界史B

昨日の夜、銭湯のサウナのテレビでたまたまやっていた「ダヴィンチ・コード」を途中から見た。この映画は以前見ていたにも関わらず、内容を全く覚えていない。おそらく当時の私にはキリスト教の基礎知識が足りな過ぎて理解できなかったのだろうと思う。しか…

22日目(世界史、数学)

アウグスティヌスの「告白」を読み進めている。2分冊目の中頃まで読んだ。あと半分だ。アウグスティヌスの半生もさることながら、この本を訳した山田晶先生について書かれた解説「『告白』山田晶訳をもつということ」を読んで心を打たれる。山田先生は生前…

19日目(世界史、数学)

アウグスティヌスの「告白」(「自省録」「懺悔録」という訳もある)をやっと手に入れた。世界史を勉強しなければ、アウグスティヌスの名前すら知らなかった。三冊もあるが、キリスト教に無縁の私に理解できるだろうか?最後まで頑張ってみよう。 <世界史>…

15日目(世界史)+読書ノート ソポクレス「オイディプス王」(藤沢令夫訳)

「青木の世界史B実況中継」に感化されて読んだ本、第二弾。ソポクレス「オイディプス王」(藤沢令夫訳 岩波文庫)を読んでみた。「実況中継」の表記では「ソフォクレス」になっている。脚本形式だが、非常に読みやすかった。描写が生々しくてグロテスクで迫…

13日目(世界史、数学)+ぽんたの読解力を飛躍的に上げたスゴい本

昨日の「ソクラテスの弁明」ではないが、「自分はわかっている」とか「自分はできる」という思い込みに、私はずっと囚われていたような気がする。まず第一に、私は一人前に本が読めると思っていた。でも、振り返ってみると、最後まで読み通すことのできた本…

7日目(世界史)+明日から熊本旅行

明日から熊本に行く。「ふっこう割り」は驚くほど安い。私には遊びに行ってお金を落としてくることくらいしかできないけれど、九州には早く元気になってほしい。年末のサッカー天皇杯の準々決勝あたりが熊本で開催されれば、また行くのだが。 このところ、仕…

4日目(日本史、化学、世界史)

実は、日本史に取り組む前に、これに手をつけた。「白地図トレーニング帳」(SAPIX)だ。対象年齢は小学4年生から小学6年生。日本の都道府県がそれぞれどこにあるか、その辺が怪しかったため。案の定、島根と鳥取が右か左かわからなかったり、ついでに岡山…

3日目(化学、数学Ⅰ、世界史)

外は大雨だ。今日はJ2がある。今年の4月、日本平に清水エスパルスvsカマタマーレ讃岐の試合を見に行ったが、その時も大雨だった。普通ならピッチに水が浮き、田んぼ状態になってサッカーどころではなくなるのだが、日本平のピッチには水がたまらない。この…

2日目(世界史、数学、日本史)

床の雑巾がけをした。空気が磨かれたようで気持ちがいい。掃除してから物事に取り掛かると、何をするにも集中できる。今日は晴れているので布団も干した。 何を勉強しようか?と考え、方針を固めたのは数日前だ。当然、歴史は世界史も日本史もやるとして、今…

(大学参考書を使って、基礎学力をつけるための勉強を始めてから)1日目

コクヨB罫100枚ノートを購入。科目ごとにノートを作るのではなく、歴史も数学も読書記録も、このノート一冊ですべてまかなってしまおう。 今年の夏、家の中のモノを捨てて捨てて捨てまくった。使わないものはゴミとみなし、食器も服も布団も花瓶も家具も…